ストレッチとは?

ストレッチで脂肪の燃焼カロリーを促進します

ストレッチは手足などを伸ばして行なう柔軟体操です。
消費カロリーは高いものではありませんが、ダイエットを目的にストレッチを取り入れるなら、筋トレや有酸素運動などと上手に組み合わせることで脂肪燃焼は加速します。
ストレッチを有酸素運動などと組み合わせた場合の期待できる効果は、ウォーミングアップなどで運動をより効果的にしたり、有酸素運動の後に行なうことで脂肪燃焼の促進、血行促進、カロリーの消費、睡眠中に成長ホルモンが多くなるため安眠効果が期待できます。
ストレッチは有酸素運動などの前後に行ない、特に運動の前に行なうことで関節や筋肉の可動域が広くなり怪我などの予防につながります。
反動をつけずに静止することも重要なポイントで、これを行なうことでスジなどを傷めることはありません。
ダイエットなどに有効なやり方は、反動をつけずに10秒以上は静止し、呼吸を止めずに行ないます。
無理に伸ばすことはせずにゆっくりと息をはきながら、伸ばしている筋肉に意識を集中するとより効果的です。

ストレッチにはカロリー消費よりも素敵な効果が?

ストレッチは有酸素運動ですが、それ自体のカロリー消費量はそれほど多くはありません。
ある程度の時間続けても、せいぜいミルク入りコーヒー1杯ほどです。
しかし、美容や健康のための大切な礎になります。
カロリー消費の多い運動をする前に、じっくり筋肉をほぐしておくことが怪我の防止にもなるのです。
ストレッチで、普段使っていない筋肉も意識してのばすと、体がすっきりとしてきます。
血行も良くなって、肩こりや脚のむくみを防ぐのにも効果的です。
運動をする前だけでなく、軽いストレッチを起床時や寝る前の習慣にすると、寝つきが良くなったりすっきりと目覚めたりする効果もあります。
カロリーのことだけにこだわるのではなく、ダイエット中の方も、美容や健康を気にする方も、ぜひ取り入れていきたい習慣のひとつですね。
ストレッチをするときは、息を止めて弾みをつけてぐいぐい曲げるのではなく、時間をかけて行います。
ゆっくりと呼吸をしながら、じっくり体をのばしていくことがコツです。

Copyright 2015 ストレッチをしよう All Rights Reserved.